引っ越し裏ワザ達人

引っ越し裏ワザの達人では引越しの手順から裏技まで公開

行政手続き

引越しと行政手続き

引っ越しに伴う市区町村の役所で行う行政手続きは引っ越し日の2週間前(14日前)から可能です。引っ越し直前は何かとバタバタしてしまうので、引っ越しが決まってからできるだけ早めに手続きを行っておくようにすると申請漏れなどを未然に防ぐことができますよ。

1.転居届

転居届は、同一市区町村に引っ越す場合に新しい住所を管轄する市区町村の役場の窓口で手続きを行います。この転居届は、転居した日から数えて14日以内に届出なければならないので注意が必要です。

2.転出入届

転出・転入届は、現在住んでいる市区町村から”他の”市区町村へ引っ越す場合に行う手続きです。旧住所の市区町村役場で”転出証明書”を貰えるので、これをもって新しい市区町村役場へ転入届と一緒に提出します。原則、転出届は窓口で手続きをしなければならないのですが郵送でもできる市区町村もあるので詳しくは自治体に問い合わせてみてください。また、転入届は窓口での提出となります。転入届は転入した日から14日以内に届出なければなりません。

3.健康保険証・国民年金・厚生年金・社会保険の手続き

国民健康保険証は各地方公共団体が発行しています。ですので、今住んでいる住所が管轄する市区町村役場へ返還しなければなりません。転出届を出すのと同時に脱退扱いになります。また、新しい市区町村で転入届を行うと、国民健康保険加入手続きを行うことになります。転居の場合、住所変更手続きをします。
国民年金は国による制度になるので新しい住所で住所変更の手続きをします。
厚生年金と社会保険は所属している会社が住所変更などの手続きを行ってくれます。

4.公立学校への転校手続き

現在通っている学校の窓口で”在学証明書”を発行してもらって、新しい住所を管轄する市区町村役場に届け出ると今度は”転学通知書”を発行してもらえます。これをもって転入する学校へ提出しましょう。

5.児童手当の受給手続き

児童手当を受給されている人が転出をすると、受給資格を失ってしまいます。そのため、新しい住所を管轄する市区町村役場に行って児童手当認定請求を行う必要があります。旧住所では所得証明が必要になるので、転出届を出しに行ったときに必ず所得証明書を請求しておくようにしましょう。

6.老人保健手続き

各市区町村役場ごとに行っている保険で、新しい住所で新しく届出を行う必要があります。特例があるので、介護施設へ入所するために住所を移転する場合は旧住所を管轄している役所が引き続き保険者になることもあるため、こちらは窓口に問い合わせておく必要があります。

7.印鑑登録

転出届を出すと自動的に印鑑登録が抹消されます。新たに印鑑登録を行う場合は新しい住所を管轄している市区町村役場へ行って印鑑登録を行います。

8.郵便局での転送届

転送届を行うと、1年間は旧住所に届いた郵便物が新住所に届きます。郵便局に行って専用のハガキに必要事項を記入してポストへ投函して手続き完了になります。

9.ライフラインの手続き

電気・・・旧住所たまは新しい住所の管轄する電気会社に停止・移転・開始の届出を行います。電話、インターネットなどからでも受付可能。
ガス・・・旧住所で停止・解約の手続きを行い、新住所で開始の手続きを行います。ガスの解約と、ガスの開栓には立会いが必要になるのでこの日時もしっかり決めておきます。
水道・・・旧住所が管轄する水道局へ停止の連絡をし、新住所が管轄する水道局へ開始の連絡をします。エリアによっては立会いが必要になることも。

10.バイク、自動車関連の手続き

他の県へ移転する場合自動車関連の住所変更手続きを行います。新住所で車庫証明書を取るための手続きを管轄する警察署で行い、車庫証明書を持って陸運局で車検証の住所変更をし、ナンバープレートを取り替えます。新住所の住民票を提出しなければならないため、転入届を行ったときに同時に住民票を貰っておくと安心です。

11.各保険手続き

旧住所で公的な保険や支援を受けていた場合、新住所で届出・申請をする必要があります。ただし、転入届をして一定の期間が経過することで失効されてしまうものもあるのでこちらは事前に管轄する市区町村へ問い合わせておくと安心です。

まとめ

手続きによっては、世帯主じゃなくても同じ世帯の人であれば代理で手続きをすることが可能です。代理人の場合、委任状(役所のホームページからテンプレートをダウンロードして使用できます)を書いて、代理人の印鑑+身分証明書を持って行きます。
本人が手続き・申請する場合でも印鑑は必要になるので印鑑は必ずもって行くようにしましょう。また、児童手当を受給されている場合旧住所が管轄する役所で必ず所得証明書を貰ってください。
新住所では住民票を何枚か貰っておくと後々の手続きがスムーズになることもあるのでオススメです。
二度手間にならないように、手続きの種類や必要なものはしっかりと把握してから転出・転居・転入届などの手続きに行きましょう。

-行政手続き