車買取一括査定高額ランキング ~最も高い査定をくれるのは!?~

車買取一括査定高額ランキングでは車買取で高額査定を勝取る簡単なコツを紹介します。一括査定サイトを上手に比べて最高値を勝取りましょう。

コラム

買取査定価格が落ちないプリウスが盗難されやすい理由と対策

2017/06/23

盗難されやすい車のランキング、というのをご存知ですか?

実は、ここ数年ワースト1位を独走しているのがプリウスなのです。

 

盗難車自体、年々減少傾向にある中でもプリウスだけは被害台数が減らないことでも有名なのです。
プリウス2

何故プリウスだけがこんなに狙われやすいのか?

 

プリウスのオーナー必見の、プリウスが盗難されやすい理由とその対策についてをご紹介していきます。

 

あなたのプリウス、狙われているかもしれませんよ!!

 

プリウスの買取査定価格例

車査定

まずはプリウスの中古車買取価格例からご紹介していきます。

 

2012年式プリウス1.8G

走行距離 5万km
査定価格 520,000円

 

2016年式プリウス1.8Aツーリングセレクション

走行距離 1万km
査定価格 1,600,000円

2010年式プリウス1.8Sツーリングセレクション

走行距離 12万km
査定価格 940,000円

 

2013年式プリウス1.8SツーリングセレクションG’s

走行距離 8万km
査定価格 1,230,000円

 

2009年式プリウス1.8L

走行距離 12万km
査定価格 265,000円

 

プリウスは平均買取査定価格が93万円、最高買取査定価格180万以上と中古車としての需要が高い為買取価格が非常に高い車種でもあります。

プリウス査定価格相場と高額買取のコツ

 

 

 

プリウスが盗難されやすい理由

プリウス盗難

 

1 プリウスのバッテリー交換費用は50万円

プリウスのバッテリー金額が盗難される理由の1つに挙げられます。

 

プリウスは経年劣化したバッテリーを交換するのにその費用が50万円と高額なんです。

 

盗難に遭ったプリウスのバッテリーというのは大体5万円~12万円ほどで取引されることが多いのもポイントです。

 

盗難された愛車が見付かった!!しかしバッテリーが盗まれている!!!というのが多いのも特徴です・・・。

 

実は国内だけではなく海外へ輸出されたプリウスも盗難被害に遭いやすく、そのバッテリーが狙われるということも多いんです。

 

2 不正輸出に使われている

海外でもその低燃費が注目されて新車・中古車問わずガンガン輸出されているプリウス。外国でも人気の車種でもあるんです、トヨタのプリウス!

 

このプリウス、”ヤード”と呼ばれる場所に一旦運ばれて摘発や発見されにくくなるように解体されてしまいます。

 

そして国外へ不正輸出されて、現地で分解をしてパーツとして販売されることが多いのも特徴です。

 

この不正輸出に使われている、使われやすいといった理由からプリウスが盗難に遭いやすいんです。

 

3 海外で人気

プリウスと言えばその燃費が有名ですよね!!

 

この燃費が魅力で日本だけではなく、海外でも人気のある車種がプリウスになります。

 

よく、テレビを見ていると外国の道路の風景が写りますがプリウスって結構頻繁に見かけるんですよね!

 

そして海外でも人気で売れるからこそ、プリウスは盗難に遭いやすいんです。

 

バッテリーなどもそうですが、パーツとして売られることも多くプリウスのパーツなどは比較的高く売れるというのも理由になっています。

 

 

盗難されやすい場所や時間帯

 

1 自宅の屋外駐車場が狙われやすい

ここからはプリウスオーナー必見の盗難されやすい場所や時間帯、対策法についてです!

 

まず盗難されやすい場所というのがあります。それが、自宅の駐車場なんです。盗難車の4割がこの”自宅の駐車場”という驚きの事実!

 

窃盗犯は周到に計画を立て、自宅の敷地内に入り込んでプリウスを盗難していきます。

 

車の防犯対策が甘くなりがちな”自宅敷地内”。

 

犯人はこういうところを狙っているんです。また防犯カメラの位置などもしっかりと把握しているため、カメラを設置しているから安心~と思っている方も危険です!

 

自宅の屋外駐車場、契約駐車場、勤務先などをあわせると9割が普段使っている駐車場で窃盗されているんです。

 

2 夜間から明け方に狙われやすい

次に窃盗されやすい時間帯ですがこちらは”夜~明け方”が最も多いようです。

 

窃盗が最も行われる時間帯というのが深夜0:00~4:00頃なんです。

 

これは車窃盗だけではなく、忍び込みなどの住宅進入も同じなんですがこの時間帯、在宅中であるのにも関わらず狙ってきます。

 

さらに、夜間家の周りに明かりがなく街灯が少ない+夜になっても洗濯物が干しっぱなし+夜に室内照明や外灯がついていない、といった家は泥棒の大好物です!

 

夜間から明け方、とくに狙われやすい車。この時間帯、駐車場などを含めて家中を真っ暗にしてしまうと危険です!!

 

 

盗難対策

 

1 ホイールロック

タイヤとホイールを同時にロックできる”ホイールロック”。

 

車上荒しや窃盗犯は盗むのに面倒くさい車は避けます。

 

そしてこのホイールロックはかなり有効。

 

これ、ロックされてしまうと自走することが出来ないんです。レッカーをしたり、ホイールごと取り外す、などをしないと盗めないんです。

 

夜間でも夜中にそんな大胆な事をしていると流石に気付かれてしまいますよね。

 

100%安心、とは云えないものの「面倒くさい」と思わせて窃盗を抑止する効果は充分にある+ホイールロック自体ホームセンターなどでも購入できるというお手軽さからかなりオススメな防犯対策です!

 

2 自動車カバー

自動車カバー自体に防犯能力は無いのですが、これの有無で窃盗される確率がかなり違ってきます!

 

自動車カバーというのはバイクや自転車カバーとは異なりちょっと外すのが面倒くさいんです。大きいですし。

 

ですので、このカバーをわざわざ外してまで盗もうと思わないというか、盗む気を失せさせる効果があるのもこの自動車カバーになります。

 

ついでに、日よけ+イタズラ対策にもこの自動車カバーは有効になります!こちらもその辺で購入できるので1枚持っておくと安心です。

 

3 ページャー

車を自宅の敷地内ではなく、月極駐車場などを利用している方にとくにオススメなのがこちらのページャーです!

 

ページャーというのは、無線装置で電話回線を使わないポケベル、みたいな感じです!

 

車両側に送信機能を持っていて、持ち歩くほうの受信機に電波を送信します。

 

そして万が一、車に何か異常があれば教えてくれるという超優れもの!

 

電話回線などを使用していないので通信圏外エリアでも使うことが出来て、しかもとくに維持費が掛からないので1台持っておくと安心です。

 

ただ、高圧電線の近くや車の向きなどによっては通信不能と言う事もあるのでこちらは購入する前に事前に確認しておくようにします。

 

4 GPS追跡装置

こちらも駐車場が離れた場所にある!近所で車上荒しや窃盗が多い!という方にオススメなのですが、”GPS追跡装置”!

 

どんなに防犯対策をしていても、盗まれるときには盗まれるのです・・・特に、プリウスの場合日本だけではなく海外でも人気の車種。そこでGPS追跡装置(ココセコム)などもかなり有効でオススメです!

 

ココセコムは緊急時に現場急行してもらえたり、警察に通報したりと盗難車両発見の為にアレコレしてもらえるんです。

 

GPSには車の見えにくい場所にセンサーなどを設置できるタイプもあるのでこちらもかなり便利。

 

24時間確実に監視してくれるので安心!さらに、愛車がどこに居るのかもスグに分かるので”万が一の盗難”に備えて用意しておきましょう。

 

これと似ているセキュリティシステムですが、ステッカーを貼っておくのも防犯対策として有効です。

 

5 イモビライザー

イモビライザーは、専用の鍵以外ではエンジンの始動が出来ないという盗難防止システム。

 

専用の鍵の中にICチップが埋め込まれていて、コレと車のIDが一致しない場合エンジンが掛からないんです!画期的ですね!

 

イモビライザーが搭載されている車はメーター周囲にインジケーターランプが付けられています。

 

不正にエンジンをかけようとすると警報機が鳴るというシステム。駐車している時にカギが車に差し込まれていない状態で点灯or点滅するのも特徴です。

 

EUでは既に当たり前、なイモビライザーなのですが日本ではEUほど普及しておらずイモビライザーを搭載していない車も多いです。

 

こちら割りとかんたんに取り付けられるのですが防犯効果は絶大なので是非!

 

買取査定価格が落ちないプリウスが盗難されやすい理由と対策 まとめ

自宅に防犯灯を取り付けたり、車内に物を置かないようにしたり、ハンドルロック、シフトロックなども防犯対策に有効です。

 

自宅の敷地内に駐車しているから安心~、と思っている方!危険です!!

 

自宅の敷地内に駐車しているからこそ安心してしまい、ついつい防犯対策が疎かになってしまいやすいのです。窃盗の4割は自宅の駐車場で行われています。

 

とくに窃盗が頻繁に行われているエリアにお住まいの方は「ちょっと大げさじゃない?」というくらいの防犯対策をしておくようにしましょう!

 

プリウスは海外でも人気車種となります。

 

バッテリーはもちろん、バラしてパーツとして輸出されたりそもそもまるっと不正輸出されてしまうということもあります!

 

防犯対策はカー用品専門店やホームセンターなどに行くと大体取り揃えているので、まだ何もしていないよ~というプリウスオーナーは是非窃盗される前に出来る対策を行いましょう!

 

窃盗されてからでは遅いですよ!

-コラム